求める人材によって選べるサービス。より良い採用計画の実現にご活用ください。

■サービスのご案内

■人材採用HowTo講座

求人広告掲載から採用までの流れ

Point1

掲載媒体はターゲットに合わせて選択

WEB、フリーぺーパー、新聞オリコミなど、求人に利用できる媒体は様々です。
欲しい人材に合わせて最も効果的な媒体を選びましょう。

Point2

準備にかかる時間も考慮

媒体によって掲載日や締切が設定されている場合があるので確認が必要です。
掲載内容の打ち合わせや原稿作成など、掲載までの手続きには時間がかかる場合もあるので、3日~1週間ほど余裕をもったスケジュールを立てましょう。

Point3

掲載期間は余裕をもって設定しよう

近年の働き手不足によって、業種・掲載時期に関係なく、1週間の掲載で応募が殺到するような状況はほとんど見られなくなっています。
特に前回の募集から年月が経っている場合は、掲載期間を検討し直すとよいでしょう。

Point1

ターゲットを絞ろう

求人を出す際には「誰に向けての募集なのか」をはっきりさせ、求職者に「働くイメージ」を持ってもらうことが大切です。
「誰でも大歓迎!」ではなく、「学生」「主婦(夫)」など年齢や立場でターゲットを絞ってみましょう。

Point2

ターゲットのメリットを考えよう

勤務条件や待遇など、年齢や立場によってメリットに感じるものは異なります。
それぞれのライフスタイルやこだわりに寄り添った原稿を作りましょう。

Point3

写真を掲載して効果的な原稿に

写真は、一番はじめに求職者の目に入るものです。
スタッフが働く様子やオフィスの内観など、「ここで働く自分像」を思い描けるような写真を用意しましょう。
うまく活用すれば、応募に繋がる「魅力的な情報」になってくれますよ。

Case1

電話応募の場合

社内周知を徹底して、担当者がいない場合でも対応できるようにしておきましょう。
折り返し電話に出てもらえない時は、留守番電話サービスを利用してメッセージを残すのが効果的です。

Case2

WEB応募の場合

手軽さから、同時に複数の店舗・企業に応募する方もいらっしゃいます。
WEBでの応募を受け取ったら、なるべく早く連絡をとるようにしましょう。
すぐに面接等の日取りを決められない場合でも、応募へのお礼を兼ねて一報入れておくと忘れられずに済みます。

Point1

採用決定後はすぐに連絡

採用が決まったら速やかに連絡をしましょう。
あらかじめ「いつまでに採用・不採用の連絡をします」と伝えておくのもおすすめです。

Point2

初出勤日までのサポートを万全に

長く続けてもらうためには、最初の細やかなサポートが不可欠です。
初出勤日の持ち物や注意事項など、求職者の質問には親身になって答えてあげるようにしましょう。