あなたの転職活動を強力サポート
コーチング:応募書類の書き方
履歴書の書き方
矢印履歴書で見られるのは人柄!

どんなに能力が高くても、実務経験が豊富でも、書類選考に通らなければ絶対に採用はありません。
でもあまり、重視されない履歴書。
あなたが採用担当者なら、そんな履歴書を書く人材に「会いたい!」と思うでしょうか。認識を改めましょう。

・丁寧に、真っすぐに書いているか。採用担当者は文字から「丁寧さ」を見ています。
・服装・髪型は清潔感があり、整えられているか。見られているのは顔だけではないのです。
・読みやすく、余白無く書かれているかどうか。略字、誤字、脱字がないか。

矢印記入例
履歴書サンプル

PDFファイル履歴書(A4)のダウンロード  PDFファイル履歴書(B4)のダウンロード

矢印注意点
履歴書注意点
職務経歴書の書き方
矢印即戦力としてのアピールが目的。でも、「まとめる力」が重要。

これまでの経験や現在の能力を知ってもらうために効果的な経歴書。
提出を義務づけられていない場合もあるが、提出して損をすることはない。
用紙・書式が自由なだけに、いかに分かりやすくまとめるかがポイント。

・見やすくシンプルに書いているか。修飾語や形容詞はできるだけ削除。
・業務内容は具体的に。実績は数字も入れる。
・採用担当者にとっていかに見やすく構成されているか、ビジュアルもポイント!

矢印記入例
職務経歴書サンプル
矢印注意点
職務経歴書注意点
「応募書類の書き方」でのよくある質問
履歴書の書き方編職務経歴書の書き方編

回答

履歴書に貼る写真はどんなものがいいですか?
一般的には「スピード写真でも可」となっていますが、できれば写真館などで撮影したものがいいでしょう
3ヵ月以内に撮ったものを使います。スナップ写真やプリクラは絶対に避けましょう。
服装はスーツで、髪型やメイクなども清潔さ・爽やかさが大切。アクセサリーは取っておいた方が無難です。
特に資格を持っていない場合、資格欄はどうすればいいですか?
「特になし」と書いておきましょう。
その分、志望動機や自己PR 等の欄でしっかりと自分をアピールしましょう。
履歴書に書く資格は、取得した順番通りに書くのですか?
免許や資格は取得した順番に書くのが一般的です。
しかし、取得した資格の数が多い場合などは、希望する職種に関係あるものから順番にまとめて書いてもかまいません。
アピールしやすい方法を考えてみて、分かりやすく伝えられることが大切です。
アルバイトの職歴も全て書くべきですか?
学生時代のアルバイト経験に関しては職歴に入りませんので、記入の必要はありません。
社会に出てからのものであれば、アルバイトでも職歴として見なされます。
必ず書かなければならないわけではありませんが、期間を空けてしまうと、「この期間は何をしていたんだろう?」という疑念が不利になってしまう場合もあります。
数が多すぎる、書ききれないといった場合は、期間が長いものや希望職種に関係のある経歴をいくつか選んで記入するようにしましょう。
履歴書はパソコンで作成してもいいですか?
好印象を与えるためには、丁寧に手書きすることをおすすめします。
パソコン作成してはいけないという決まりはありませんが、「手書きを好む企業」「手書きを常識とする企業」が多く、印象を悪くしてしまうこともあります。
履歴書の日付は、履歴書を「書いた日」「持参した日」どちらですか?
提出する当日の日付を書きましょう。面接等で持参する場合は持参する日の日付、郵送の場合は投函する日の日付です。
他の欄をあらかじめ書いておいて日付だけ当日に記入して提出する人が多いため、記入漏れが多い項目です。必ず直前に確認し、他の記入欄と同じペンで記入しましょう。
履歴書を書く時に、色の付いたペンを使用しても大丈夫ですか?
黒色のペンを使いましょう。
青色のペンもOK とも言いますが、色幅があるので判断しづらく、黒色と比べると弱々しく見えるので、黒色のペンを使うのが無難です。その中でも、ボールペンだと不快に思う人もいるので、万年筆や水性ボールペンが最適です。
長年アルバイトで働いた職種は「職務経歴」としていいですか?
雇用形態がアルバイトでも、企業が職務経験とみなすことはありますが、
企業によって考え方は違いますので、一様に「職務経歴になる」とは言えません。
ただ、雇用形態に関わらず、そのアルバイトの内容が企業の仕事に活かせる経歴であると印象を与えることができるものであれば、アルバイトと雇用形態を明記した上で、履歴書や職務経歴書へ積極的に記入し、アピールしていきましょう。
職務経歴書に「複数回」の転職のそれぞれの退職理由は書くべきですか?
転職回数があまりにも多い場合は、主要な転職4回分程度とし、それ以外は面接時に質問されても答えられるように用意しておきます。
いずれも前向きな転職理由で記入・返答をしましょう。単に「スキルアップ」や「ヘッドハンティング」と書くだけではダメ。「スキルアップ」は何をどうスキルアップしたのかを具体的にし、「ヘッドハンティング」は自分の意志がないように受け取られるので注意が必要です。
試用期間中の解雇も職務経歴書に書くべきですか?
履歴書は原則、経歴を全て記入します。ただ、職務経歴書は、職務経験の自己アピール書類という観点から、不利になる職務経歴は記入しない方がいいかも知れません。
ただしどちらにしろ履歴書の職歴から採用担当者に質問される可能性が高いので、それなりの回答の準備が必要です。
職務経歴書に記入するので、履歴書の「職歴」は簡略化してもいいですか?
職歴は、志望動機に並んで重要な項目ですので、できるだけ具体的に記入しましょう。
職務経歴書に具体的に記入するから、といって履歴書の職歴欄を軽視する方も少なくはないと思いますが、応募人数が多い企業や書類選考がある企業では、履歴書の書き方が合否を大きく左右しますし、場合によっては職務経歴書まで読んでもらえないこともあります。
これまでの経験業務に、企業や製品情報の守秘義務がある場合は職務経歴書に書かない方がいいですか?
守秘義務の範囲にもよりますが、社名やプロジェクト名・製品名などの記入は控えた方が良いでしょう。機密情報をもらすことによって、逆に「契約を守れない人」として悪印象を与えてしまう場合があります。
守秘義務を守り効果的にアピールするには、「○○に関する○○関連企業の製品」や「某大手企業」などの伏せ字を使い抽象的に表現することによってイメージが伝わるようにします。面接の際にも、前職での取引先企業名などの守秘義務があることをきちんと伝えた上で話をしましょう。
職務経歴書は何枚も書いていいのですか?
職務経歴書は採用担当者が読みやすいものにする必要があります。
人気のある企業であれば、たくさんの職務履歴書が送られてきます。
それを考慮した上で、通常は1 〜 2 枚程度、多くても3 〜 4 枚で作成しましょう。
異業種への転職です。職務経歴書はどのように作成すればいいですか?
未経験の職種への応募は次のポイントに注意して記入をしてみてはいかがでしょうか。
(1)その職種に転職したい動機を明確にする。
(2)その転職を実現するために、どんな努力をしてきたかをわかりやすく記入。
(3)転職してからの目標(5年後、10年後の将来像など)
(4)希望職種に少しでも近い職務経験があれば積極的に記入。
(5)職種に関係なく共通してアピールできる点を書く。
異業種への転職では、あなたの転職に対する真剣な姿勢や意欲をしっかり採用担当者に伝えることが重要です。
これらのポイントを踏まえてわかりやすくアピールできるよう作成しましょう。

|ページTOPへ|